40代女 独身一人暮らし 双極性障害 たーにゃ

40代 無職 独身一人暮らし。双極性障害者。手帳あり 躁期に単発バイトをして、食いつないたが、最近コールセンターの掛電のアルバイトを始めた。バイトの愚痴を決行書いている。 アル中ぎみで、飲んで飲まれる。大学生から喧嘩をうられて買ったりもする。→結果警察呼ばれる。躁と鬱の波のりにくたびれている。

2018年01月

今日から本格的に仕事が始まる。


連続勤務できるだろうか? 途中で心が折れないだろうか?


不安でいっぱいだ

彼氏の仕事がおわるまで、毎回ファミレスで時間をつぶしているんだけど
最近ウエイトレスさんにお婆さんが新人さんで入ってきたもよう

老人性のものなのか、緊張しているからかわからないけど、小刻みに震えながら
注文を受ける機械をピコピコしている。

指がカラカラだからか、機械が反応してくれない事も度々あって、焦ってはったりする。

私はそのお婆さんをそ尊敬しているの。65歳前後で骨皮なのに、孫ぐらいの歳の社員に顎で使われて
それでも一生懸命に仕事をしている彼女を見たときは、衝撃だった。

「わたし、無職してたらあかん。働かないと!!!」と思い、今回のバイト探しに繋がったの。、

疲れました。

今日も座学の研修が3時間ほどあったから、実働は4時間ですんだけど
商品知識が乏しいので、なんか質問されたら物凄くうろたえてしまう。

週5 やっていけるやろか

仮採用が決まったコールセンターの研修に行ってきたよ。


座学だった。大したことしなかったけど、オール電化とか太陽光とか蓄電器とかを
売り込む仕事みたいで、結構たいへんそう


個人的にはオール電化否定はだから、なんだかな~

今日から本チャン   行きたくないな。

私にとっては採用されたことが、ゴールみたいで、続ける事は考えてなかったのかも?

今日、提出する用の履歴書の写真を撮ったよ。


太ってて、顎がない。病的に太っている現実を突き付けられた

辛すぎて精神安定剤のんで、心を落ち着かせた。

↑このページのトップヘ